その他のおすすめ特集

世界のワインを巡る旅

当ページ掲載南アフリカ産ワイン 3倍マイルキャンペーン開催中! 8/9(月)23:59まで ※一部対象外の商品がございます。予めご了承ください。※キャンペーン対象商品は各商品詳細ページの獲得マイルをご確認ください。

伝統と革新が共存する最古のニューワールド 南アフリカ

南アフリカのワイン

01

最古のニューワールド

歴史あるヨーロッパのワイン生産国をオールドワールドと呼び、それ以外の新しい生産国をニューワールドと呼びますが、南アフリカのワイン生産は360年以上の歴史を持ち、最古のニューワールドと言われています。

1994年のアパルトヘイト撤廃後は海外市場への積極的な取り組みが進み、輸出量はこの20年で約20倍となりました。その間、伝統的な生産者に加え、革新的な若い生産者も増え、伝統と革新が共存する注目の生産国に成長しました。

02

自然環境、労働者環境に配慮した
ワイン造り

南アフリカワイン協会は世界で最も環境に配慮したワイン生産国として「自然環境保護とワイン産業の共栄」をコンセプトに掲げています。

多くのワイナリーが減農薬、減酸化防止剤、リサイクルの徹底、水源の維持などを盛り込んだガイドラインに従ったワイン造りを行っています。また、労働者環境の整備も急速に進んでいて、南アフリカのワインは自然にも人にも配慮したワインと言うことが出来ます。

03

「虹の国」の料理とワイン

多種多様な人種と文化で形成される南アフリカは「虹の国」とも呼ばれています。その歴史と人種の多様性は料理にも大きな影響を与え、さらに豊富な山の幸や海の幸、様々なスパイスがバラエティ豊かな食文化を生み出しました。

そこで飲まれるワインもやはり多種多様なものとなります。ピノタージュやシュナン・ブランといった品種が有名ですが、様々な国際品種のワインも造られています。

オールドワールドのエレガントさと、ニューワールドのボリューム感を併せ持つ南アフリカワイン特有のスタイルをぜひお楽しみください。

ソムリエ厳選の南アフリカワイン

佐藤雄介ソムリエ

監修 Supervisor

A-style ワインアドバイザー
佐藤雄介ソムリエ

学生時代のフランス留学でワインに出会い、ソムリエを目指す。都内の星付きフレンチ、ラグジュアリーホテルで経験を積み、2017年にANAインターコンチネンタルホテル東京のシェフソムリエ就任。
(社)日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ

A-styleで購入したご自身のお気に入りのワインを、
ANAインターコンチネンタルホテル東京へ『無料』でお持ち込みいただけます!

BYO(Bring Your Own)by A-style

バイヤーおススメ!人気の世界のワインはこちら

ページトップへ