ワイン倶楽部

  • ワインコラム
  • バイヤーおすすめワイン
  • ワイングッズ
  • 厳選ワイン特集

A-styleで購入したご自身のお気に入りのワインを、
ANAインターコンチネンタルホテル東京へ『無料』でお持ち込みいただけます!

BYO(Bring Your Own)by A-style

ANAショッピング A-style ワインコラム

第27回 「自然派ワイン」

ここ数年で耳にする機会が増えた「自然派ワイン」、具体的にどういったワインかご存じでしょうか?言葉通りに捉えると、自然な造りのワインということになりますが、実はこれまで「自然派ワイン」自体には明確な定義がなく、フランスで「Vin Nature ヴァン・ナチュール=自然派ワイン」という定義が認められたのは、つい最近のことです。オーガニックでの栽培、野生酵母での発酵、亜硫酸の無添加などの条件を満たして造ったワインが「自然派ワイン」であると定義されました。

「自然派ワイン」というのは自然な方法で造ったワインという大まかな括りであり、化学肥料や農薬を使わないという点で、「自然派ワイン」=「オーガニックワイン」と言うことができますが、その中でも栽培方法の種類により3つの分類が存在します。まず1つ目が、リュット・レゾネ=減農薬農法です。基本的には化学肥料や農薬を使いませんが、必要に応じて少量の使用が認められています。続いて2つ目が、オーガニック=ビオロジックです。こちらも科学的な物質を使わない有機栽培ですが、リュット・レゾネよりも規則が厳格です。そして3つ目が、ビオディナミです。こちらは有機農法から更に進んだもので、天体の動きを考慮して造られた自然な調合剤=プレパラシオンを使い、太陰暦に基づくカレンダーに則って作業を行う、少しスピリチュアルな側面もある農法です。

このように「自然派ワイン」は自然環境や人の健康に配慮されたワインと言えますが、必ずしも「自然派=美味しい」ということではありませんので、選ぶ際には認証だけでなく、味わいの情報にも注意が必要です。今回の特集では、自然な造りでクリーンな味わいのワインをご紹介いたします。

A-styleワインアドバイザー
佐藤ソムリエ

<プロフィール>
都内の星付きフレンチ、ラグジュアリーホテルで経験を積み、2017年にANAインターコンチネンタルホテル東京のシェフソムリエ就任。

(社)日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ

バックナンバー

バイヤーおすすめワイン

ワイングッズ

おすすめワイナリー

厳選ワイン特集 お気に入りのワインに出会える、機内ワインや季節のおすすめワインをご紹介します

  • 世界のワインを巡る旅
  • 機内ワイン特集
  • 人気ワインセット特集
  • ENOTECA特集
  • ANAオリジナル HIKOUKI CAVA(飛行機カヴァ)特集
  • GLD・PRM会員限定 ソムリエ厳選プレミアムワイン特集
  • イタリアワイン特集

【ご注意事項】

※未成年者の飲酒及び未成年者への酒類の販売は法律で禁止されています。

ページトップへ