ANAカード de もっと割

貯まったマイルでお買い物!A-styleがおススメ商品をセレクト!

旅行、出張、お買い物でマイルを貯めるならANAカード

ANAショッピングポイントの利用とANAカード5%割引特典の併用が可能!(一部商品を除く)

その他のおすすめ特集

栄養豊富な元気食 うなぎ特集 全国各地の「おいしい」をお届けします。 産地直送 全品送料込

ANAショッピング イチオシ

料亭・名店のうなぎ

全国から厳選したうなぎ

ご存知ですか? 関東と関西のうなぎの調理法のちがい

伝統的な郷土料理とされるうなぎの蒲焼、今では夏の風物詩ともされる栄養価の高い日本の料理です。
うなぎの蒲焼には関東と関西で調理方法の違いがあります。

関東

  • 調理方法

    関東では、ウナギを背開きにし、一旦素焼きをしてから再度強火で蒸して余分な脂を落し、タレを付けてから再び焼きます。
    蒸すことにより仕上がりが柔らかくなり、脂が抜けるのでさっぱりとした味に仕上がります。

  • ウナギを背開きにする理由

    「武士の町である江戸では「腹を切る」ことを忌み嫌ったために背中から切る」とされています。
    腹から裂いた場合、蒸す過程で外側の身が割れて串から外れてしまうため、外側が厚くなる背開きが適しています。

関西

  • 調理方法

    関西では、ウナギを腹から裂き、背鰭、尾鰭、頭をつけたまま焼き、蒸しを行いません。
    蒸さないため、脂が多く、それが焼け香ばしい仕上がりになります。

  • ウナギを腹から裂く理由

    鰻を腹から裂く理由として、昔から商人の町として栄えてきた大阪は「腹を割って話しをしよう」という意味合いがウナギのさばき方に反映されたとされています。腹から裂くことで、皮がパリッとした仕上がりになるのが特徴的です。

宮崎県は、知る人ぞ知る、鰻(うなぎ)の名産地!

グルメ&ワイン特集

  • 日本各地の美味しいお肉特集
  • 海鮮特集
  • お買い得グルメ特集
  • 旬のフルーツ・野菜特集
  • お米特集
  • スイーツ倶楽部
  • バイヤー一押しグルメセレクション
  • 北海道産グルメ特集
  • ANAオリジナル HIKOUKI CAVA(飛行機カヴァ)特集
  • 機内サービスワイン特集
  • 人気ワインセット特集
  • ワイン倶楽部

ページトップへ