ワイン倶楽部

  • ワインコラム
  • バイヤーおすすめワイン
  • ワイングッズ
  • 厳選ワイン特集

A-styleで購入したご自身のお気に入りのワインを、
ANAインターコンチネンタルホテル東京へ『無料』でお持ち込みいただけます!

BYO(Bring Your Own)by A-style

ANAショッピング A-style ワインコラム

第24回 「家庭料理(和食)とのマリアージュ」

ここ30年で日本のワイン消費量は約3倍以上に増加しています。かしこまったレストランだけでなく、居酒屋などでも気軽にワインが楽しまれるようになり、ご家庭でもワインを飲む機会が増えたのではないでしょうか。ご家庭で食事と一緒にワインを楽しむ際にちょっとしたポイントを押さえていただくことで、食事もワインもより一層美味しくいただくことが出来ます。今回は特にご家庭の和食との相性をご紹介します。

具体的な料理とワインのマッチングを考えてみましょう。まず塩でいただく天ぷらにお勧めなのは、ニュージーランド等で造られるソーヴィニョン・ブランです。ワイン自体が持つ柑橘のニュアンスがシンプルに仕上げた天ぷらのアクセントとなります。他にも、スダチを絞った焼き魚とも相性が良い品種です。焼き魚の心地良い苦味とスダチの爽やかな酸味が、ソーヴィニョン・ブランの個性と重なることにより素晴らしい相性となります。

とんかつの様に塩でもソースでも楽しめるお料理は、味付けによってワインも変えてみましょう。塩でいただく場合は、先程の天ぷらと同じ要領で、柑橘のニュアンスと若干の塩気が感じられるオーストリアのグリューナ・フェルトリーナーが抜群の相性を見せてくれます。一方、ソースの場合は、ソースの甘辛さに合わせて、同様の要素を持つボリューム感と果実味のある赤ワインがお勧めです。ご家庭の和食にポイントを押さえた様々なワインを合わせて、新しい発見をお楽しみください。

A-styleワインアドバイザー
佐藤ソムリエ

<プロフィール>
都内の星付きフレンチ、ラグジュアリーホテルで経験を積み、2017年にANAインターコンチネンタルホテル東京のシェフソムリエ就任。

(社)日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ

バックナンバー

バイヤーおすすめワイン

ワイングッズ

厳選ワイン特集 お気に入りのワインに出会える、機内ワインや季節のおすすめワインをご紹介します

  • 世界のワインを巡る旅
  • 機内ワイン特集
  • 人気ワインセット特集
  • ENOTECA特集
  • ANAオリジナル HIKOUKI CAVA(飛行機カヴァ)特集
  • GLD・PRM会員限定 ソムリエ厳選プレミアムワイン特集
  • イタリアワイン特集

【ご注意事項】

※未成年者の飲酒及び未成年への酒類の販売は法律で禁止されています。

ページトップへ