A-style ソムリエ ワインコラム ソムリエおススメのワインや美味しいワインの飲み方をご紹介します。

2022.6.14

魚料理に合わせるワイン

  • 刺身とワイン

    「肉料理に合わせるワイン」のコラムでもお話しましたが、肉には赤ワイン、魚には白ワインをというのはあくまで導入となる考え方で、実際には肉や魚自体の種類にもよりますし、調理法やソースによっても合わせるワインのタイプは変わってきます。

    そこでお勧めなのが、料理や素材の色とワインの色を合わせるという方法です。例えばお刺身にワインを合わせる場合、タイやヒラメの様な白身魚には白ワイン、マグロやカツオの様な赤身の魚には赤ワインという具合です。

  • 焼き魚と日本酒

    魚を焼くことで、旨味が増し、脂のジューシーさが加わります。そんな焼き魚に合わせるお酒となると、私は日本酒が真っ先に思い浮かびます。日本酒のやわらかなボリューム感は香ばしくジューシーな焼き魚の味わいを優しく包み、それぞれの旨味は同調します。

    そのためワインを合わせる時も、日本酒の様にややふくよかで、旨味のあるタイプの甲州やピノ・グリ等がお勧めです。また、ワインの酸味はアクセントとなりますので、レモンやスダチを絞って美味しいタイプの焼き魚にはとてもマッチします。

  • 濃厚な味付けの魚料理には?

    魚料理の中でも、ウナギの蒲焼き、ブリの照り焼き、カレイの煮つけなど、しっかりとしたタレの味わいが主張する料理には、スッキリとした白ワインより、味わいの強さに同調する凝縮感のある味わいの赤ワインが良く合います。料理の色合いからも、赤ワインの方が合うことがイメージできますね。

    白にも赤にも合いそうな料理にはスパークリングワインを合わせるのも手です。完璧なマッチングといかなくとも、様々な料理と大きく外れることなくお楽しみいただけます。
    色々な視点から魚料理とワインの相性を試し、お気に入りのペアリングを探すというのも楽しみ方の1つですね。

今回ご紹介するワインはこちら

A-styleワインアドバイザー 佐藤ソムリエ

<プロフィール>
都内の星付きフレンチ、ラグジュアリーホテルで経験を積み、2017年にANAインターコンチネンタルホテル東京のシェフソムリエ就任。 (社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ・エクセレンス

佐藤雄介ソムリエ

おススメの特集からワイン・お酒を探す

  • 人気ワインセット特集
  • 機内ワイン特集
  • 世界の名門ワイナリー特集
  • 世界のワインを巡る旅
  • シャンパーニュ&スパークリングワイン特集
  • GLD・PRM会員限定 ソムリエ厳選プレミアムワイン特集
  • ビール特集
  • 機内サービス日本酒特集

【ご注意事項】
※20歳未満の飲酒及び20歳未満への酒類の販売は法律で禁止されています。