煮込み料理には、将軍や大名が愛した近江牛がおすすめです。

拡大画像を見る

ツイートする

近江牛バラ切り落とし

商品番号
195862
価格
¥10,000(税込)
ANAカード価格
¥9,500(税込)
 獲得マイル
100マイル
在庫
メーカー直送
  • ※お届けにお時間をいただく場合がございます。
数量
お気に入りに追加

アイテム紹介


日本3大和牛のひとつ近江牛バラの切り落としです。近江牛は約400年前より、将軍や大名に献上されていた歴史ある食材です。「口当たりが良い」と感じられるオレイン酸を豊富に含み、ほのかな甘みを持つのが特徴です。脂身の融点が低く、脂が汁に溶けやすいため、すき焼きや肉じゃが、カレーやシチューなどの煮込み料理に適しています。産地の滋賀県より直送でお届けします。ご家庭でお召し上がりいただくのはもちろん、親しい方への贈答用にもおすすめです。

商品の特徴

  • お届けイメージ

インフォメーション

産地のこだわり

近江牛は約400年前より、将軍や大名に献上されていた歴史があります。肉禁食の江戸時代に、彦根藩では味噌漬けにした牛肉を「反本丸(へんぽんがん)」という養生薬として長く江戸の将軍家にも献上していました。明治に入り西洋の食文化が広まるとともに、日本国内に肉食の波が広がり、その際に近江牛は神戸港より横浜・東京へと運ばれましたがかつては出荷港=ブランドという構図があったため、出荷された「近江牛」が「神戸牛」として扱われていたことがあります。「神戸牛」の名前が世に知られるのにはそのような背景がありました。鉄道網が発展すると、ようやく「近江牛」として東京へと輸送されるようになります。東海道本線「近江八幡駅」から大事に育てられた牛たちが運ばれて行きました。

原料のこだわり

近江牛は県内・国内の枠をこえ、世界中でその魅力を評価されています。特に「口当たりが良い」と感じられるオレイン酸が、和牛の中でも豊富に含まれています。特に、マエバラの部分は、関西の食肉業者は「天下一」と称して、好んで食べており、一頭から約15kgしか取れない希少部位です。甘みがあるのが特徴で、脂身の融点が低いため、すき焼きなど煮込み料理にすると、脂が汁に溶けてしつこさは感じられません。

美味しいお召し上がり方

赤身と脂肪が層になり、やや歯ごたえがありますが、旨みがあるので、煮込み料理に適しています。冷蔵庫内で解凍してすき焼き、肉豆腐、肉じゃが、肉うどん、カレー、シチューなどにしてお召し上がり下さい。

インフォメーション

解凍方法

お召上がりの7時間前に冷蔵庫(出来ればチルド室)に移し、ゆっくりと解凍してください。常温等で急速に解凍しますと、お肉の旨味がドリップと一緒に出てしまい旨味・風味を損ないますのでご注意ください。

スペック

内容量(約)
近江牛バラ切り落とし450g×2パック
産地
滋賀県
製造地(加工地)
滋賀県
賞味期限
出荷日より冷凍で60日間
お届け
冷凍便
梱包発送料
梱包発送料込
その他注意事項
※解凍後の再凍結はお控え下さい。
※解凍後はなるべくお早目にお召し上がり下さい。
※バラ肉は脂身の多い部位のため、個体差により脂の付き方に差が出る場合があります。
※バラ肉は脂身が多い部位のため、個体差により脂の付き方に差が出る場合があります。モモ·カタ肉は赤身主体の部位で、肉本来のうまみをお楽しみいただけます。また、焼き加減で硬くなってしまう場合がございますので、十分にご注意下さい。
詳細内容説明に戻る

関連のおすすめ商品をご紹介

【関連キーワード】  近江牛

ページトップへ