パイロットのためのタフネスウオッチから航空機の機体に使用されるカーボンやチタンを使用し、さらなる強さを追求したモデルが登場

拡大画像を見る

ツイートする

<カシオ>G-SHOCK GRAVITYMASTER Bluetooth搭載 世界6局対応電波ソーラー GWR-B1000-1A1JF

商品番号
194580
価格
¥99,000(税込)
ANAカード価格
¥94,050(税込)
 獲得マイル
990マイル
在庫
残りわずか
数量
お気に入りに追加

アイテム紹介


新たな耐衝撃構造として、ケースと裏蓋を一体化させたカーボンモノコックケースで、外部衝撃からモジュールを保護する「カーボンコアガード構造」を開発。これにより、ケース側面にガードパーツのないガードレスボタン構造も実現しました。
さらに、ベゼルやバンドにもカーボン素材を使用するとともに、プッシュボタンやボタンパイプなど、随所にチタン素材を採用するなど、高機能素材の多用により、構造強化と軽量化、さらには防錆対策まで実現しています。
また、Bluetoothや標準電波による時刻修正システムにも対応し、航空ミッションに求められる時刻精度も徹底追求。素材、構造、機能のすべてに、新たなタフネススピリットを注ぎ込むことで、極限へのあくなき挑戦を支える新生GRAVITYMASTERの登場です。

商品の特徴

ブランド紹介

カシオ計算機

カシオ計算機

カシオ計算機は、パーソナルな家電製品(電卓・時計・電子文具・電子楽器・デジタルカメラ)を中心に電子部品、システム機器を設計、開発、販売を行う日本の家電メーカーです。1957年に計算機の開発によって創業して以来、オフィスの事務を効率化し、やがて個人にも電卓を普及させることでスタートしました。『創造 貢献』を社是とし、それまでになかった新しい製品やサービスを生み出すことで世界中の人々の生活に役立つ製品・ソフトの開発を行い社会貢献していきます。

インフォメーション

新開発の耐衝撃構造:カーボンモノコックコアガード構造
新たな耐衝撃構造として、カーボンケースでモジュールを保護する「カーボンコアガード構造」を開発し、ケースに、裏蓋と一体化したモノコックケースを採用。
高強度かつ軽量の素材特性を生かした外装構造により、タフネス性能を飛躍的に進化させるとともに、GRAVITYMASTERシリーズ最軽量となる重さ72gを実現。
軽量で錆に強い:ラストレジスト構造
プッシュボタン、ボタンパイプ、ケース内側の固定リングなど、外気に触れるすべてのメタルパーツに、軽量で強度が高く、しかも錆に強いチタン素材を使用。
防錆対策の徹底と軽量化を同時に実現。
ハードな使用に応える:カーボンファイバーインサートバンド
引張耐久力に優れた炭素繊維をウレタン樹脂と一体成形することで、切れにくい強靱なバンド構造を実現。
わずかな光を力に:インダイアルソーラーパネル
セル形状の最適化で発電効率を高める遮光分散型ソーラーパネルをさらに進化させ、インダイアル部分のみの受光面積で十分な電力量の確保を実現。
文字板透過率に制限されることなく、フェイスデザインの幅を大幅に向上。
計測を素早く的確に:フライバック機能付きストップウオッチ
2時側にストップウオッチ用の専用ボタンを装備。計測中、4時側ボタンを1回操作するだけで、計測のストップ、リセット、リスタートが可能。操作によるタイムラグのない計測を可能に。
傷に強くクリアな視界:内面無反射コーティングサファイアガラス
風防に、傷が付きにくく透明度の高いサファイアガラスを採用。内面無反射コーティングを施し、クリアな視界を確保。
世界の時をより正確に、より確実に:Bluetooth搭載電波ソーラー
標準電波(マルチバンド6)、Bluetoothによる時刻修正システムに対応し、世界中で最新のタイムゾーン、サマータイム情報を反映した時刻を表示。
タフソーラーの搭載により、強負荷のかかる各種機能のソーラー駆動を実現。
暗所での視認性を確保:スーパーイルミネーター(高輝度なLEDライト)
明るさの強いLEDを採用。鮮やかな光で文字板を照らし、暗所において優れた視認性を発揮。

スペック

原産国
日本
カラー
ブラック
素材
ケース:樹脂  バンド:カーボンファイバーインサートバンド  風防:内面無反射コーティングサファイアガラス
サイズ(約)
5.0×4.6×1.6p
重さ(約)
72g
ムーブメント
クオーツ
平均月差精度
電波受信が行われない場合や、スマートフォンと連携しない場合は、通常クオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
防水
20気圧防水
仕様
Bluetooth搭載 世界6局対応電波ソーラー
付属品
取扱説明書
保証
1年間
梱包発送料
※お届け先1件につき、通常梱包発送料を頂戴いたします。
詳細内容説明に戻る

ページトップへ