PRESAGEからダイヤルに青琺瑯を使用した普遍の美を表現したモデルが登場。

拡大画像を見る

ツイートする

<セイコー>プレザージュ 青琺瑯 SARW047

商品番号
194561
価格
¥165,000(税込)
ANAカード価格
¥156,750(税込)
 獲得マイル
1,650マイル
在庫
残りわずか
数量
お気に入りに追加

アイテム紹介


SEIKOだからこそ実現できる、普遍の実用性を約束する美しい青琺瑯モデルが登場。
SEIKO PRESAGEならではの普遍の美を実現しました。

月夜をイメージした艶やかな濃紺のダイヤルの上を、銀色の三日月の秒針が静かに時を刻みます。
1913年に生まれた国産初の腕時計「ローレル」にも使われた琺瑯ダイヤル。独特の柔らかい光沢から感じる、温かみのある琺瑯の質感により、100年以上美しい色合いを保ち続ける腕時計の表情は、持つ人の目を楽しませ続けます。琺瑯を手がける横澤氏は、繊細に造り込まれるダイヤルに琺瑯を施すことができる、琺瑯ダイヤルの第一人者にして、日本で数少ない名匠として活躍中です。
特徴的なダイヤルレイアウトは、1895年に生まれたセイコー初の懐中時計「タイムキーパー」をベースにデザインしています。

琺瑯ダイヤルとは:鉄素材のダイヤルに不純物の極めて少ない粘土・純水・ガラス等を原料とするうわぐすりを塗布し、高温で焼成したもの。職人の手によって仕上げる琺瑯ダイヤルは、非常に手間がかかる上、その製造難易度の高さゆえ、殆ど使われていないこだわりの素材です。
琺瑯職人 横澤 満氏:1995年から、セイコーの琺瑯ダイヤルの製作に携わり、高度な職人技を発揮。これまで培ってきた実績を数値として捉えることで高い品質を持った製品造りの再現性を高めることに成功しているだけでなく、豊富なノウハウの蓄積により、塗布面の厚さ、わずか0.01mm刻みの仕上がりを見抜く眼力を持つ匠でもあります。
一般的なほうろう製品は小さい物でも10cm四方程度ですが、セイコーで使われているダイヤルは3cm程度と小さく、厚みなどにも制限があります。繊細に造り込まれるダイヤルにほうろうを施すことができる、琺瑯ダイヤルの第一人者にして、日本で数少ない名匠として活躍中です。

ブランド紹介

セイコー

セイコー

1881年に創業した時計メーカー「セイコーウオッチ(株)」は、初の国産ウオッチ(1913年)、世界初のクオーツウオッチ(1969年)など、次々と画期的な商品を世に送りだしてきました。1964年開催のオリンピック東京大会を皮切りに、数々の国際的なスポーツ大会で公式計時も担当。現在では時計事業を中心に、カメラ用部品などのプレシジョン事業をはじめ、眼鏡、宝飾、スポーツ・トイレタリー商品など、様々な分野で事業を展開しています。

スペック

原産国
日本
カラー
紺琺瑯
素材
ケース:縁部ステンレススチール 胴部ステンレススチール 裏ぶた部ステンレススチール+サファイアガラス
バンド:ステンレススチール
風防:デュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)
サイズ(約)
縦4.7×横4.1×厚さ1.3cm
重さ(約)
156g
ムーブメント
日本製メカニカル 自動巻(手巻つき)
平均月差精度
日差+25秒〜−15秒
防水
日常生活用強化防水(10気圧)
仕様
シースルーバック スクリューバック 琺瑯ダイヤル 石数 29石 日付針つき パワーリザーブ表示機能 秒針停止機能 カレンダー(日付)機能つき
付属品
取扱説明書、保証書
保証
1年間保証
梱包発送料
※お届け先1件につき、通常梱包発送料を頂戴いたします。
注意事項
※バンドのサイズ調整は、お近くの専門店にご相談頂きますようお願いいたします。(バンド調節後の返品はお受けできませんので、予めご了承願います。)
詳細内容説明に戻る

ページトップへ